e-酒蔵.com

contents

HOME

会社案内

商品案内

金賞受賞

商品リスト

酒蔵の由来

HOME

特定商取引法に基づく表示

会社案内
◆ 石川家の歴史 - Ishikawa Shuzo -
石川家は、藩主より無足人格(郷土)に列せられた豪農の出です。創業者の石川丈助は70町歩の土地を所有する地主でした。そして、この土地で200件あまりの小作農家から地代として、米を1,000俵得ることとなり、その米を酒造りに転用したのが、始まりです。
その丈助が、天保元年、年貢米を元に酒造業を創始し、2代目の丈三郎の時代に大きく事業拡張をしました。丈三郎は、若くして佐々木信綱の門に学び、十有余年、津藩に籍を置きました。
幕末には、撤兵組の伍長になり、上野の戦いにも出陣し、軍艦海陽丸の警備にも当たっています。
維新後は、家督を相続して、酒造業に専念し、安全醸造に粉骨破身しました。
また、それと同時に、米相場、株等に進出し、大きな利益を得、酒造業の充実を図り、大きく販売を伸ばしました。明治28年度全国酒蔵家石高見立鑑によれば、979石となっています。
3代目信吉は、酒蔵設備などの改善に努力しました。
明治40年は、当時の価格で7,000円の契約で蔵を建てました。現在、その木造蔵は、40klの角タンクが納まっていますが、当時としては、かなり大きな蔵であったと推定されます。
酒造りの基本は、『水』・『米』・『腕』と、言われていますが、当社の庭には伏流水が自噴しており、水量も豊富です。当社より100m程横を流れる『智積用水』は、日本名水百選に選ばれ、名前も『用水』ではなく、『養水』として、大切に労ってきております。この水が酒造りに適していることは、昔から同地区内に数多くの酒造蔵があったことからも伺いしれます。
◆ 所在地 - Ishikawa Shuzo -
石川酒造株式会社
代表取締役 石川 卓史
住所 三重県四日市市桜町129
電話 059-326-2105
FAX 059-326-6151

GoogleMapで石川酒造を表示